「自己啓発本」を読み解いて、自分の人生を成功に導く

普通のサラリーマンが夢に描いた成功を手に入れる方法

■人生の峠を越えて思ったことは?

人生の峠を越えて思ったことは...

 

「人は何のために生きるのか?」

その答えを見つけたい、ということでした。

 

若い頃に夢見た事は、ほとんどが世間の

受け売り(洗脳)であって、

自分が心の底から求めているものでは

無かった...

 

もしかしたら「成功者」と呼ばれる人間になれたら、

生きる目的が見えるようになるのでは?

 

そう思って、人には言えないほどの

膨大な時間とお金を注ぎ込んでみた。

 

けれども、「成功者」になることは、

そんなに簡単なことでは無かった。

 

そこで、成功者にならなくても、

人生の生きる目的を見つける方法は

無いものかと探し続けた結果、

 

「ミッション・ステートメント」を作る

ことに辿り着いたというわけです。