読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

本物の「自分軸」を見つけて、人生を謳歌しよう

普通のサラリーマンが夢に描いた成功を手に入れる方法

■「何の目的で自分史を書くのか」が重要

このブログのテーマは...

『「自分軸」を見つけて人生を謳歌しよう』

でした。

 

その為に避けて通れないものが「自分史」

だと思うにいたりました。

 

しばらくは、「自分史」について私が学び、

気付いた事などについて書いて行こうと

思っております。

 

 

突然ですが、もしあなたが次の質問を投げ

かけられたとしたら、なんと答えますか?

 

質問:「自分史とはどんなものですか?」

 

※質問を投げかけられることで、

他人事→自分事として真剣に考えられる

ようになります。

 

いかがでしょうか?

 

すぐに答えられた方は、以前自分史作りに

取り組んだ「経験者」かもしれません。

 

普通の方は、このような質問に対して

すぐには答えることが出来ません。

 

答えられたとしても、自分の体験から出た

ことでは無く、どこかで耳にしたことが

ある、一般常識?を語っているだけ

だと思います。

 

すぐに答えることが出来ないのはなぜか?

 

「実際に取り組んだことが無い」からです。

 

このように、

「聞いた事はあるけど、良くはわからない」

ことは、世の中にたくさんあるものです。

 

「自分史」もその中の一つだと思います。

 

ちなみに、自分史について深く調べる前の

私は「履歴書のような年表を作ること」

をイメージしておりました...汗

 

いわゆる、いつ、どんな事をやっていた

のかを、年代順に並べただけのものです。

 

ところが調べてみた結果、自分史に決まった

書き方があるわけでは無く、人それぞれに

いろんな書き方があることを知りました。

 

つまり、「何の目的で自分史を書くのか」

によって自分史のスタイルが決まってくる

ということです。