「自己啓発本」を読み解いて、自分の人生を成功に導く

普通のサラリーマンが夢に描いた成功を手に入れる方法

■「良い質問」は「良い答え」を導き出す為の呼び水

私が以前書こうとしていた自分史は、

自分の過去の出来事を、年代順に並べただけ

のものでした。

 

それは、その時の私にとっては、何の価値も

産み出さないものだったのです。

 

よく考えた結果、私が求めていた

「価値ある自分史」とは...

 

自分の強みや適正を発見するためのもの

でした。

 

つまり、自分史を書く事で、自分に最適な

ビジネスを見つけ出したかったのです。

 

その目的を達成するために重要なことは...

 

その答えを引き出すために「どんな質問」を

すればいいのか?

 

それがポイントだと気が付いたのです。

 

「良い質問」は「良い答え」を導き出す

為の呼び水だったのです。