「自己啓発本」を読み解いて、自分の人生を成功に導く

普通のサラリーマンが夢に描いた成功を手に入れる方法

■「俳句」との出会いは桜のごとし

自分がやりたい事を色々と考え続けて

いたら、本屋さんで1冊の本と出会った。

 

タイトルは

「全然知らないから始める 俳句入門」

という、俳句の初心者向けの本でした。

 

何か引きつけられる物を感じて、読み

始めたら...ハマってしまいました。

 

本の中の

「自分と向き合う」「脳を活性化する」

というキーワードに刺激を受け、結局

購入してしまいました。

 

その日から、毎日一句を作ることを

ノルマにしました。

 

ところが、いざ俳句を始めてみると、

「季語」の存在にかなり悩まされました。

 

そして次第に、こんな声が聞こえはじめ

て来たのです。

 

「そんなに苦しい思いをするなら

 やめちゃえば...」

 

確かに、一句作るのに、プロでもない人間

が毎日一時間以上も時間を費やしていたら...

 

こうして、折角見つけたと思ったやりたい

ことが、元の木阿弥になってしまったの

でした...