自分を成功に導いてくれた本と言葉たち

普通のサラリーマンが夢に描いた成功を手に入れる方法

■『マネジメント』から何を学んだのか

f:id:noboru_hodaka:20171203104016p:plain

 

 

■今回出会った本

 

『マネジメント

    ドラッカー名著集13 上』 

         P.F.ドラッカー

 

 あなたは、「マネジメント」という

 言葉を聞いた時に、どんなことを

 思い浮かべますか?

 

・経営を管理する 

・組織の統率

・部下を指導する方法…

 

 

「マネジメント」という言葉を聞いて、

 どんな意味を思い浮かべるかは

 十人十色だと思います。

 

 

 今回出会ったこの本では、

 もっともっと深い次元で

 マネジメントについての

 考察がなされております。 

 

 

 

■気になったところ

 

『「われわれの事業は何か」に答える

 ことこそ、本当の意思決定である』 

 

 この問いに答えるには、顧客とその

 現実、状況、行動、価値観から出発

 しなければならない...

 

 最初に考えるべき最も重要な問いは、

 「顧客はだれか?」

 

 

■感じた事、気付いたこと

 

 この本を読んでいて一番感じた

 ことは…

 

 

 「問いに対する明確な答えを

  用意しておく」ことの大切さ

  でした。

 

 そして、つねに、そのために

 何が必要なのかを考えること

 

 つまり、今の問いの先に有る問いを

 ひたすら遡って考えて行くことが

 大切なんだと感じました。

 

 

 「私の使命は○○である」

 

  これを明確にしておくことが

  できれば、ぶれない人生が

  おくれることでしょう…汗 

 

 

■今後に活かすマインドセット

 

 問いに対する「定義づけ」を

 済ませておくこと。

 

 

※「見知らぬ誰かのために、

  いつか見返す未来の自分のために…」

  ここに記す…

 

■『「わからない」という方法』から何を学んだのか

f:id:noboru_hodaka:20171119110740p:plain

 

『原宿にロボットだけのカフェがオープン

 期間限定(11/16~26)』

 

こんな情報を入手した時に、

どのような反応をしますか?

 

・「ふ~ん」と言って画面を閉じるか

・「詳しく知りたい」と、検索するか

・「電車に乗って」原宿に向かうか…

 

人によって行動はさまざまでしょうが、

得られる情報・学びには大きな違いが

生まれることは確かでしょう。

 

 

■今回出会った本

 

『「わからない」という方法』 

         橋本 治 著

 

 普段、自分が出来ないと思うことに遭遇

 すると無意識に発することば、

 

 それが「わからない」という言葉です。

 

 「わからない」という時は、

 具体的に「どこがわからないのか」という

 原因特定に至っていないわけですね…。

 

 

 とにかく、今の自分には理解できない。

 

 では、どうすれば理解できるのか?

 

 どの部分が理解できないから

 わからないのか?

 

 そんな疑問を抱えていた時に

 見つけたのがこの本でした。

 

 

■気になったところ

 

 専門家にとっての「常識」なことが、

 知らない人間にとっては「知らない事」

 

 「相手がどこまで知らないか」を把握

 しなければならない。

 

 知っている人間は、そこまで頭が回らない…

 

 

■感じた事、気付いたこと

 

 知っていると思っている人にとっては

 「常識」=「誰もが知っている」こと

 だと思って生きている。

 

 しかし、実際には、知らない人間は

 知らないままで生きている。

 

 知っている人は、「常識」だと思って

 いることに、あえて詳しい説明を加え

 ようとは思わない。

 

 だから、知らない人は、いつまでも

 しらないまま…

 

 もしかしたら、成功者は自分が知って

 いる「成功の秘訣」=「常識」だと

 思っているのかもしれない。

 

 だから、あえて人に教えようとは

 思わない。

 

 では、成功者の頭の中に埋もれている

 「成功の秘訣」を聞き出す為には、

 どうすればいいのか?

 

 「自分がわからない事を明確にする」

  技術、

  つまり、自分の中にある?を言葉に

  して相手に伝えること。

 

  わからないことを明確にすれば、

  答えが見えて来るかもしれません…汗 

 

 

■今後に活かすマインドセット

 

 相手が「わからない」ことを前提に

 詳しく説明すること。

 

 

※「見知らぬ誰かのために、

  いつか見返す未来の自分のために…」

  ここに記す…

 

■『すべてを味方 すべてが味方』から何を学んだのか

f:id:noboru_hodaka:20171022102231p:plain

 

選挙、台風、モスク襲撃事件、ソマリア

トラックの爆発で○○○人が犠牲に

同じ地球の中では、毎日たくさんの出来事が

繰り広げられております。

 

その中で、自分が関わりを持てる出来事は、

ほんのわずかしかありません...

 

まずは、自分の足元をしっかりと築くような

「習慣」を身に付けることが第一歩です。

 

 

■今回出会った本

 

『すべてを味方 すべてが味方』 

         小林 正観 著

 

 

 最初、この本を手に取った時は、

 「見方」「とらえかた」の本だと

 思い込んでおりました。 

 

 しかし、実際に読んでみると、

 こんなふうにかいてありました。

 

 

「すべてを味方」にしようと思って

 生きていると、いつの間にか

「すべてが味方」になっています。

 

 

 つまり、この本は「味方」「生き方」

 について書かれたものだったのです。

 

 出来事をどのようにとらえるかという

 「見方」も大変重要なスキルですが、

 すべてを「味方」にするという考え方に

 大変興味を持ちました。

 

 自分の周りが全て味方になったとしたら、

 どんなに心強く、幸せな気持ちで生きて

 行くことが出来るだろう~

 

 

■気になったところ

 

 『「自分探しの旅」は、まさしく

 「他人のために働いて幸せだなあと思う私」

  に出会うことなのかもしれません。』

 

 

■感じた事、気付いたこ

 

 自分のやりたい事がわからない人は、

 とりあえず自分のことは脇に置いといて、

 他人の役に立つことを考えて行動してみる。

 

 その中で幸せを感じることが見つかったら

 それこそが自分のやりたいことなのかも

 しれません。

 

 一番気をつけなければいけない生き方は、

 自分探しばかりに時間を使い、何の行動も

 起こさない生き方なのです。

 

 私も含めて、自分探しで悩んでいる方は、

 是非、他人の役に立つことを一つでも

 多く考えて、やってみて下さい。

 

 こんどこそ、自分探しの旅のゴールが

 見えて来るかもしれません…汗 

 

 

 

■今後に活かすマインドセット

 

 すべてが「味方」になれば、「無敵」になる。

 

 

※「見知らぬ誰かのために、

  いつか見返す未来の自分のために…」

  ここに記す…

 

■『成功習慣』から何を学んだのか

f:id:noboru_hodaka:20171001110528j:plain

 

選挙、噴火、コレラ感染、難民、○○の脅威…

同じ地球の中では、毎日たくさんの出来事が

繰り広げられております。

 

その中で、自分が関わりを持てる出来事は、

そんなに多くはありません。

 

まずは、自分の足元をしっかりと築くような

「習慣」を身に付けることが第一歩です。

 

 

■今回出会った本

 

『成功習慣 あなたの夢がかない続ける

 魔法のランプの磨き方』 中井 隆栄 著

 

 

 習慣は無意識の行動であり、変えない限り

 死ぬまで同じ行動を続けることになる。

 

 やっかいなのは、その習慣は自分では

 気付きにくいことです…汗

 

 良い習慣が身に付いていれば良いのですが、

 悪い習慣が身に付いてしまっていたら…

 

 どうすればいいのでしょうか? 

 

 

■気になったところ

 

 「人は誰でも、潜在意識の中に人生脚本によって

 書かれたセルフ・イメージ(自己像)を持ってい

 ます。そして魔法のランプはそのセルフ・イメージ

 どおりの自分を実現化しようとします。」

 

 

■感じた事、気付いたこ

 

 つまり、自分にとって理想の「セルフ・イメージ」

 に書き換えることが出来れば、自動的に成功できる。

 ということなのです。

 

 問題は、「セルフ・イメージ」を書き換える為には、

 時間をかけて継続的に行動しなければならないこと。

 

 つまり、無意識に出来るような「習慣」になるまで

 どうやってやり続けるのか?

 

 ここがポイントなのです。

 

 まさに、理論的には正しいことで、

 やれば効果があることもわかったけれど、

 

 めんどくさい(時間が掛かる)ことは継続できない

 のが、普通の人間なのです。

 

 それじゃあ、普通の人間が継続するためには、

 どうすればいいのか?

 

 この本の中で、ヒントが見つかる

 かもしれません…

 

 

■今後に活かすマインドセット

 

 習慣が人生航路を決めている

 

 

※「見知らぬ誰かのために、

  いつか見返す未来の自分のために…」

  ここに記す…

 

■「人類史上最大の発見」から何を学んだのか

台風18号が日本列島を通過して、各地で大変な被害を

もたらしましたが…

あなたは、大丈夫でしたか?

 

 

今回から、ブログのタイトルを見直して、

内容もタイトルにマッチしたものに変更

しました。

 

今後も継続して読んで頂けると嬉しいです。

 

 

f:id:noboru_hodaka:20170918160344j:plain

 

 

■今回出会った本

 

 『人類史上最大の発見』 ジョセフ・マーフィー

 

 

 潜在意識の証明は、人類史上最大の発見とも

 言われております。

 

 19世紀にフロイトが証明しなければ、

 人類はいまだに潜在意識の存在を

 知らなかったのかも…

 

 目には見えないものであっても、

 誰かが定義することで、現実の世界に

 形を持って現れる(存在する)

 

f:id:noboru_hodaka:20170918160458p:plain

 

 

■気になったところ

 

「あなたの人生は、あなたの思いが創ったものです。

 あなたの現在の日々は、あなたの日々の思いが

 創り出したものにほかなりません。」

 

 

■感じた事、気付いたこと

 

 世の中には、自分たちが気付いていないことが

 まだまだたくさん有るのかもしれない…

 

 どんな人生を送りたいのか?

 毎日をどのように過ごしたいのか?

 はっきりと決めていなかったので、

 潜在意識がどうしていいのか

 判らなかったのかもしれない。

 

 つまり、「目標・願望」を明確にすること

 さえ出来れば、今後の人生が変わってくる

 ということなのです。

 

 これを使わないなんて勿体ないですよね…汗

 

 

 

■今後に活かすマインドセット

 

 自分が手に入れたい花の種を蒔く

 

 

※「見知らぬ誰かのために、

  いつか見返す未来の自分のために…」

  ここに記す…

■やみくもに努力していたら、永遠に結果は出ない?

f:id:noboru_hodaka:20170912215430p:plain

 

ブログを書くことで、何がしたいのか?

 

ふと、そんな疑問が湧いて来た。

 

メルマガを始めた切っ掛けは、自分探しだった...汗

 

「自分が心からやりたい事を見つけたかった」のです。

 

(これは偉い先生から頂いたアドバイスでした)

 

しかし、3年以上書き続けても見つからなかった。

 

そこで、ブログも試してみることにしたけれど...

 

状況は変わらないような気がする。

 

一体、何がいけないのだろう?

 

充分に時間をかけて取り組んで来たはずなのに...

 

 

そこで出て来た結論は

「タイトルが悪い」

「タイトルと内容が合っていない」

というものでした。

 

つまり、「ポイントがぼやけている」ということです。

 

一体誰に、何を伝えたいのか、そしてどうしたいのか?

 

自分のメルマガやブログのタイトルを見て、

改めて感じたのでした。

 

という訳で、近々ブログのタイトルを変える

ことに致します...汗

 

 

 

 

 

 

 

■居心地の悪い場所に立つ

  • f:id:noboru_hodaka:20170910093836p:plain
  • <居心地の悪い場所>

 

  • 自分のやりたいことが解らない人は

  興味の湧く「本」や「教材」等を買い続けるよりも

  「行動」することの方が重要です。

 

  どんな「行動」かというと...

 

       今の自分にとって「居心地の悪い場所」に行く

  ということです。

 

  あれこれ結果を考えて(想像だけして)机の前で

  時間を潰しているかぎり、自分のやりたいことは

  見つからないでしょう...

 

  机の前で考えて見つかるものだとしたら、

  とっくの昔に見つかっているはずですよね...汗

 

  だから、強制的に自分の体を移動させて、

  いつもと違う環境に身を置くことが重要なのです。

 

 <行動ステップ>

 

  1.自分にとって居心地が悪いと感じる場所を

   紙に書き出す。

 

    2.その中の1つの場所に、とにかく行ってみる。

 

    3.感じた事、気付いたこと等をアウトプットする。

 

 

☆それでは、やってみた方からの「コメント」を

 楽しみにお待ちしております。