「自己啓発本」を読み解いて、自分の人生を成功に導く

普通のサラリーマンが夢に描いた成功を手に入れる方法

■ 灯台下暗し

「目標設定練習帳」という頼りになる

ナビゲーターを手に入れたおかげで、

自分史作りが急に加速しました。

 

過去の思い出せなかった記憶が、

どんどん出て来るのです。

 

「そういえばあんな事もやったな〜」

「あんな所へも行ってたな〜」

「あの人が自分の恩人だったんだ...」

 

中には、答えにくい質問もありま

したが、正直に書き込む作業を

続けました。

 

自分史を書きながら気がついた事は、

「自分の事が一番解っていなかった」

ということでした。

 

つまり、自分の足元が一番見えにくい

 

だから、紙に書き出すことによって、

自分を客観的に見ることが可能になる

のではないのかと...

 

とにかく、約2週間ほどかけて、

やっと最後まで辿り着きました。

 

ついに、大きな壁を乗り越えて、

自分史を書き上げたぞー...汗

 

ところが...